「絆」~大切な仲間と大洲との絆~

令和3年度 所信 事業計画

令和3年度 会長 大塚 寿延 

 大洲商工会議所青年部(大洲YEG)第45代会長職をお預かりする事になりました大塚寿延と申します。諸先輩方ならびに関係各位の皆様におかれましては、平素より我々の活動にご支援・ご協力をいただき深く感謝申し上げます。

令和3年度のスローガンは「絆」~大切な仲間と大洲との絆~です。

 私は大洲に来て3年、大洲YEGに入会して2年が経過しました。大洲に来てしばらくは私を大洲に誘ってくれた会社社長や従業員以外知っている人はいませんでした。しかし大洲YEGに入り活動をしていく中で、現役メンバーだけでなくOBクラブの先輩方をはじめとする多くの方々と出会うことが出来ました。私が勤務する会社で仕事をしながら普通に生活していくだけでは、接点のない異業種の方や、違う世代の方と大洲YEGに入会しなければ絶対に出会うことはなかったと思います。出会った仲間と共に切磋琢磨することで仲間や大洲市内にある他団体との絆が深くなっていくこと、私自身強く感じ、気付けばそれが私の掛け替えのない財産となっていました。他のメンバー全員が「絆」を強く感じ、自身の財産になるようなYEG活動を今年度行いたくスローガンを「絆」とさせて頂きました。
私たちは青年経済人です。昨年から続く新型コロナウイルスの影響により、多くの企業が影響を受け、経営は大変苦しい状況となっていますが、次代の地域の担い手としての責任を自覚し成長しなければなりません。地域社会の健全な発展という明確な目的意識を持って共に同じ方向へ歩を進めていきましょう。
綱領には「私たちが新しい文化的創造をもって豊かで住み良い郷土づくりに貢献する」とあります。そのためには、行政職員や市議会議員の方々との交流・意見交換が必要と考えます。それにより、これからの大洲市の課題が見えてき、大洲YEGとして共に取り組む事も見えてくるのではないかと思われます。
また地域他団体のメンバー、そして過去に私たちと同じ気概でYEG活動に取り組まれたOBとの繋がりは欠かすことができません。目的意識を共有しながら交流し協働することで、絆を深めあい創造性豊かな地域づくりと己の成長に繋げていきたいと思います。

大洲YEGは今年度会員45名で船出しますが、会員を拡大し活動基盤を強化することが最大の課題であります。地域を支える青年経済人を1人でも多く仲間として迎え、先導者たる気概で研鑽に努めながら活動をするためには、メンバーそれぞれが一丸となり積極的な会員拡大の推進に取り組まなければなりません。個々がYEGの目的を改めて理解し、会員拡大への意識を高め、YEGの魅力と絆力を発信しながら会員拡大に繋げていこうではありませんか。
最後に、今年度大洲YEGは創立45周年を迎えます。現在、我々大洲YEGが活動できているのも創立以来、多くの諸先輩方が歴史を紡いでこられたおかげです。その歴史と志を受け継いで行くためにも、私自身多くの仲間と一緒に汗を流しながら切磋琢磨し、YEGのコンセプトでもある若さ(Youth)、情熱(Energy)、広い視野を持った経営者(Generalist)として行動し、組織として飛躍できるような活動を行ってまいりますので、皆様からの格別のご支援とご協力、ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

令和3年度スローガン
「絆」 ~大切な仲間と大洲との絆~

【基本方針】  地域に貢献できる青年経済人として個人の資質向上を目指し、仲間や
        地域との絆を深めよう。

【重点目標】  青年経済人としての成長
会員拡大の推進
        会員・OB・他団体との交流
        行政との意見交換・交流

previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow
Slider
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 大洲商工会議所青年部 All Rights Reserved.