「邁進」~ぶれない気持ちで謙虚に、突き進め~

令和2年度 所信 事業計画

令和2年度 会長 中岡 達哉 

 

 大洲商工会議所青年部(大洲YEG)第44代会長職を務めさせていただくことになりました中岡達哉と申します。諸先輩方ならびに関係各位におかれましては、平素より我々の活動にご支援、ご協力をいただき深く感謝申し上げます。


平成から令和の時代を迎え、新天皇の即位は、我々の高揚感と期待感を膨らませましたが、激動の時代は依然として続いており、先行きは不透明な状況であると考えます。


新元号「令和」の意味とは「人々が美しく心を寄せ合う中で文化が生まれ育つ」とされております。心を寄せ合うことで、助け合いの精神が生まれ文化になる、我々世代が新たな時代の先導者となるべく、自分らしく強く、潔く行動し未来を築いていかなければならないと感じております。


YEGは主に経営者の集まりです。自ら決断し1歩を踏み出さなければ、今と何も変わりません。初めからうまくいくことはありません。また、挑戦しない限り成功もありません。やるかやらないかを選択できるなら、前向きな選択をすることで、人は大きく変化し成長します。我々大洲YEGは、その1歩を踏み出すべく、メンバーと慎重審議を重ね、失敗を恐れず挑戦すべき組織だと考えます。新しい武器のレベルアップ、ご当地グルメの開発、他団体との交流、個人のスキルアップなど、今年度組織として挑戦することはいろいろとございます。人は挑戦し、それを乗り越えることで自分自身の変化を感じ、成長へと繋がるのではないでしょうか。「誰かがやる」ではなく、「自分がやる」という情熱が新たな挑戦への礎となると考えます。

 また会員拡大を喫緊の課題としており、令和5年度に大洲YEGが主管で開催する愛媛県大会までの3年間で、現在所属している会員が16名減少し、組織力と財政力の弱体化を懸念しております。そこで会員拡大は、メンバー1人1人が「自分が中心となり積極的に取り組む」という強い想いと行動が必要です。会員拡大の重要性と意義をメンバー全員が理解し、未だ見ぬ新たな出会いに取り組んでいきましょう。

 私自身、大洲YEGで多くのことを学ぶことができました。様々な事業、他団体や先輩との交流、経営的な知識、仲間の大切さ、ソウルフル、YEGでの学びが大きな糧となり、今の自分があります。これからは、自分から行動し、我々の経営環境を良くするために、親会、行政、他団体とも協力しながらYEGを通じて挑戦し、大洲経済の軸となるように活動したいと思っております。

 最後になりますが、大洲YEG会長としてぶれない気持ちを持ち、YEGメンバーと共に挑戦して行けるようによう邁進して参ります。関係各位におかれましては、本年度も大洲YEGに対しまして、格別のご支援とご協力、ご指導とご鞭撻を賜りますことを心よりお願い申し上げます。

[令和2年度スローガン]

「 邁進 」 ~ぶれない気持ちで謙虚に、突き進め~

[基本方針]

メンバー1人1人が、ぶれない気持ちを持って行動する。
企業、各事業所、個人のスキルアップを目指し、大洲経済の軸となる。

[重点目標]

  • 新しい武器のレベルアップ
  • ご当地グルメの開発
  • 個人のスキルアップ
  • メンバー、OBとの交流
  • 他団体との交流
  • 新入会員への受け入れ体制の充実
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
Shadow
Slider
  • facebook
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 大洲商工会議所青年部 All Rights Reserved.